3.11(2011.3.11 東日本大震災)

Sponsored Link

2011年3月11日に起こった東日本大震災では、
あらためて自然の恐ろしさ、人間の弱さ、災害に対する対策の甘さなどを感じました。

津波の影響を受けた地域はもちろん、
震災によって多くのところで
ライフラインが止まってしまいました。

ニュースなどで震災の状況が流れるのを見て、
震災の影響を受けなかった人達も、
次の災害に備えて
水や食糧、乾電池などの備蓄にいっせいに買い出しに走りました。

そのため、これらのものは一気に買われてしまい、
お店などでは商品が品薄か、
まったく無いなどの状態
が続きました。

特に「水」は何をするにも必要となるものなので、

スーパーなどで品切れとなるスピードも異様に早く、
備蓄目的に大量に購入した人も多かったようです。

普段は便利に利用しているコンビニでは、
震災直後に商品を買う人が殺到したことと、
震災により商品の移送がストップしてしまったことなどが重なり、

店内にはおにぎりもサンドイッチも弁当も無く、
水や飲料水、カップラーメンなどもすべて買われてしまった上に
補充されないことから、

何の商品ものっていない棚がむき出しの状態が続きました。
震災で食糧などの需要と供給のバランスがくずれた上に、
生産工場が被災したり、
交通網が麻痺して流通がストップ・・・。

普段、便利な生活をしていればいるほど、
今回の震災は大きく影響したのではないでしょうか。

日頃から災害用に水や食糧を備えている人、
定期的に水を宅配してもらうサービスを利用している人などは、

家にある程度の数の水が置かれていたため、
震災後も落ち着いて対応できたのではないでしょうか。

いくら日頃の備えが大事とわかっていても、
人はリアルな体験を経てようやく行動に移す人が大半です。

そのため東日本大震災規模の大きな災害が
ひとつの教訓になったのは間違いありません。

Sponsored Link