放射能問題(安全だと思っていた水が!)

Sponsored Link

東日本大震災から1週間以上経つと、
東京などでは備蓄目的の買い物がおさまり、
交通網も復活してきて食糧も水もスーパーなどで普通に買えるようになりました。
ところがその矢先に、水道水の放射能汚染問題が起こりました。

この時は東日本大震災の時とはレベルが違い、
市販の水をめぐって
信じられないほどのパニック状態
が起こりました。

スーパー、酒屋、コンビニなど
ありとあらゆるところから一瞬にして水が消え、
自動販売機の水もすべて売切となるなど、
赤ちゃんや幼児がいる1番水を必要としている人達が

1本の水も買えないような事態が起こり、
多くの人が不安の中で途方に暮れることになりました。

 

放射能という目に見えない物質が
特に子どもの甲状腺に蓄積されていくというニュースに、
子どもを持つ親は震え上がりました。

お水が買えないからと、
ジュースや豆乳などを
子供に飲ませてしのいだ人もいます。

子どもが2人いるわが家も例外ではなく、
住んでいる東京ではまったく水が買えないため、
名古屋に住む姉や
福井県に住む友達などに水を送ってもらうことにしました。

ただ、水道水の放射能問題が起こっていない地域でも、
東京などに水を回そうと業者が大量に仕入れてしまったため、

購入制限や2リットル入りの水は
まったく買えないなどの現象が起こっているとのことでした。

それでも東京よりは手に入るからと
色々な店を回り送ってもらうことになり、

その間は普通に買ってあった2リットル入りペットボトルの水2本を
子ども達だけのために大切に使うことにしました。

スープやみそ汁などの水を多く使う料理はやめ、
お米は無洗米にしてペットボトルの水で炊きました。

子どもはうがいをする時の水を飲んでしまうことがよくあるため、
うがい用の水もペットボトルの水を使用し、
外出の際もペットボトルの水を持参しました。

それでも、お風呂の水、洗濯の水、加湿器の水などはどうしたらよいのか、
次々に心配になり、

その度に幼稚園のママ達で集まったり
メールをしたりして情報交換をおこない、
励まし合ったり助け合ったりしました。

水が普通に買えるようになるまでに
2ヶ月以上はかかったと思います。

ただ、まだ放射能問題は解決しておらず、
不安な状態が続いているのは確かです。

わが家でも日常の水をウォーターサーバーでまかなうことを決め、
申込みをしてから2ヶ月半後に
ようやく水を宅配してもらうことができました。

Sponsored Link