水って重い

Sponsored Link

日常の水に困るような事態が起こると、水の大切さをあらためて感じます。

ただ蛇口をひねれば出てきて、
普段は使えていた水も買ってくるとなれば、
たちまち購入した水の持ち運びをどうするか考えなくてはいけません。

2リットル入りのペットボトルの水を購入したとして、
大人1人が持ち運べるのはせいぜい2本~4本位が限界ではないでしょうか。

水を持ち運んでいると、
水って本当に重いんだなと感じます。

たとえ、スーパーなどに車で行って水を購入したとしても、
購入後、車から家まではやはり自分で水を運ばなくてはいけません。

水は宅配してもらうに限る!と思ってしまいますが、
宅配料などがかかれば気軽に頼むこともできません。

まめに購入すればよいのかも知れませんが、
日頃の買い物で水を買ってしまうと、
たとえ2リットルの水を1本であっても重さがずしりとくるので、
他のものが思うように買えなくなってしまいます。

今後いつ災害や放射能問題が深刻化したりして、
市場で水などが再び買えない状況が起こらないとも限りません。

震災前から定期的に水を宅配してもらうサービスを受けている人などは、
今回の震災や水道水の放射能問題でもあまり影響なく、
宅配も遅延することなくスムーズに行われたところも割とあったようです。

まさに備えあれば憂いなしということでしょうか。

水って重い

宅配料や配達システムなどよく考えて、
上手に水とつき合って行かれるのが理想だと思いますが、
今回の色々な問題を教訓にするならば、
日頃から安全でよい水を確保する手段を整えておくことが大切なのだと思いました。

困った状態の時は、みんなも困っているため、
サバイバルに生き残る知恵も大切です。

Sponsored Link