人が1日に必要な水分量は?

Sponsored Link

人の体は約60パーセントが水分といわれ、
そのため汗や尿などで排出され失われた水分を
こまめに補給する必要があります。

体に必要な水分が摂取できていないと、
脱水症状や血液がドロドロした状態になり
体に異変が起こってきてしまいます。

成人が1日に体から排出する水分量が
約2~2.5リットルほどといわれています。

具体的な量を聞くと意外と排出しているんだなというのが実感できますが、
つまりこれと同等以上の水分補給が必要となってくるということです。

ただ、食べ物からも約0.8~1リットルの水分摂取をしているのと
代謝物(体内で補う水分)が約0.3リットルほどあるため、
飲料水としての水分補給は、
1日1~1.5リットルほどを摂取すれば排出量とのバランスがとれるといいます。

もちろん暑い季節や運動などによって排出される水分が多くなる場合は、
摂取する水分も多めに摂る必要がでてきます。

また、1日に必要な水分量が1リットル~1.5リットルほどだといっても、
1度にこの量を飲めばよいかといえばそうではありません。

かえって大量の水分摂取は体調を崩す原因にもなりかねません。

夏の暑い季節に水分を1度に多く摂り過ぎて体調を崩すことがありますが、
これは大量の水分が胃液を薄めてしまい
食べ物の消化がうまくできなくなったりするためです。

水分を上手に摂るコツは、
何といってもこまめに摂取するということです。

運動などをしていなくても水分は放出されていくので、
こまめに摂ることで水分バランスを保つことが理想です。

ただ、こまめ、こまめといっても食べ物からも水分の摂取はある程度できているので、
食事以外の時間の水分の摂取に気を配るとバランスがとれると思います。

Sponsored Link