体に優しい水

Sponsored Link

人が生きて行く上で水は最も大切なものです。
人は約6割が水分でできていることを考えると、
できるだけ体によい優しい水を補給することは
健康を維持する上で重要なポイントとなってきます。

優しい水の大前提には、
体に有害なものが含まれていない安全な水あること!
というのがあると思います。

どんなにカルシウムやミネラルが豊富な水であっても、
人に有害な物質が含まれていては意味がありません。

また、とても重要な栄養素であるミネラルは、
摂取しすぎるとかえって体に負担となることがあるため、
適量をよい状態で摂取することが必要です。

赤ちゃんの時期は特にミネラル成分の多い水は負担を与えるため、
粉ミルクなどを調乳する際の水もあえて水道水が基準とされています。

市販のミネラルウォーターなどを使用する場合は
硬度の低い軟水を選び、
煮沸してミネラル分を飛ばして使用することを薦めています。

人の体にある水分は約1ヶ月で入れ替わるといわれ、
一般に体の水分の約10%以上(体重60kgの人なら約4リットルの水分)が失われると、
生命を維持していくことが難しいといわれます。

毎日よい水を補給することは、
若さや健康を保つ上で大切なことです。

水に関心の高い日本では、
市販されている水は数えきれないほどの種類があり、

国内の名水に恵まれている上に、
海外の水も手軽に購入することができる環境が整っています。

ミネラル成分などを重視する場合は、
硬度が高いヨーロッパなどの水で比較的飲みやすいものを選ぶこともできます。

水は安全であり、有害物質や雑菌が入り込まない状態が大切ですので、
しっかりと品質管理されて
きちんとボトリングされた水こそが1番体に優しいのではないでしょうか。

Sponsored Link