ミネラルウォーター

Sponsored Link

ミネラルウォーターは自然の恵みと最先端科学が合わさった水です。
ミネラルウォーターの原水はナチュラルミネラルウォーターです。

天然水に含まれるミネラルの量は、
水が地層などを通過する状況や時間などによって変化しますが、
自然が育むもののため含有量が多過ぎて、
かえって人の体に負担を与えてしまうということも起こります。

ミネラルウォーターとは、
原水となっているナチュラルミネラルウォーターを複合しブレンドして、
ちょうどよいミネラル量に調整され販売されています。

複数の水を組み合せて、理想的なミネラル成分の水をつくりあげているのです。

世界的にはミネラルウォーターは
ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターの総称として呼ばれており、

科学の力や人工的な力などは一切関係なく天然水のみを対象としています。

日本では農水省のガイドラインにより、
ミネラル成分を調整した複合水を「ミネラルウォーター」として分類しています。

また、ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターは
規制緩和で加熱処理を施してよいことになりましたが、

基本の定義は沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の処理をしないとなっているのに対し、
ミネラルウォーターではそれ以外の殺菌処理として、
オゾン殺菌や紫外線殺菌、ばっ気などによる処理もおこなわれています。

原水には天然水を使っているのですが、
人工的にミネラルなどが調整されているため、
ナチュラルという言葉がつかなくなるというのは、
なんだか不思議な気がします。

日本の水の定義があいまいなまま、
世界基準のナチュラルミネラルウォーターの輸入されてしまい、
日本では市販水の定義が混乱しています。

現在、厚生労働省などが法的整備を急いでおり、
日本の水も世界基準に合わせようとしているところです。

Sponsored Link