名峰に名水

Sponsored Link

全国的に名峰の名前のついた水は人気があります。
その中でもやはり人気が高いのが何といっても富士山ではないでしょうか。

最近では富士山周辺の天然水からバナジウム
(インスリンのように血糖値を体内で下げる作用があるといわれている必須ミネラル)が
検出されたことから、さらに人気が集中している気がします。

名峰の名前がついていると、
雄大な自然の風景が目に浮かびイメージしやすく、
その水を飲むことで自然の恩恵を受けているような感覚を得ることができます。

環境省が選定している名水百選にも名峰の水が選定されており、
羊蹄山(北海道)、月山(山形県)、磐梯山(福島県)、
八ヶ岳(山梨県)、剣山(徳島県)、阿蘇山(熊本県)、霧島(鹿児島)
などがあります。

名峰の水とは、その名峰自身の天然フィルターによって不純物などを除去し、
豊富なミネラル分などの栄養素を時間の経過分だけ含み名水となります。

日本には富士山以外にもアルプスや六甲山など、
人々に愛され親しまれてきた名峰の水が商品化されており、
やはり山々と同じように親しまれ日常の水として多くの人に飲まれています。

このような名峰の水は大手メーカーなどの生産により
メジャー商品として市場に出回っているので、
近くのスーパーなどでも購入できますし、
宅配などを利用して家に届けてもらうこともできます。

市場に多く出回っているメジャーな水は、
その商品を販売する各お店の価格競争がおこるので、
お店ごとに比較してお得な価格で手に入れることができるというメリットがあります。

Sponsored Link